M&L

Web技術とマーケティングの最前線から情報を発信します。

未分類

Twitterで「技術的な問題が発生しています」と出る原因と対処法

1

皆さんTwitterを見ているときに「技術的な問題が発生しています。」という画面に出くわしたことはありませんか?
突然現れるこの画面を見ると多くの方はびっくりしてしまうのではないでしょうか。
中にはアカウントがスパム行為などのペナルティで凍結したのかと思いドキッとする方もいらっしゃるでしょう。

ですが安心してください。この画面はユーザーの行動に対するペナルティではありません

"技術的な問題が発生しています"と出たときは

エラーが表示される原因

Twitterは事業者やサイト運営者にとって非常に有用なツールです。
マーケティングツールとしてTwitterアカウントを育てるのであれば常にスパム行為にならないよう気を使って運用する必要があるのはご存知の通りです。
実際にスパム行為として警告を受けたことのある運用者も珍しくはないでしょう。

そのような方であればTwitter内でエラー画面が表示されて驚くのもしかたありません。
「技術的な問題が発生しています」という判然としない言い方をされると自身の運用方法に問題があったのではないかと不安になってしまいますよね。

しかし、この画面はペナルティとは一切関係がありません。
つまりアカウントの運用方法に問題があったわけではないのです。

「技術的な問題が発生しています」というエラーが発生する原因としては実際にTwitter側で文字通り技術的なエラーが発生している際に表示されるようです。

エラーが表示されるタイミングとしては、特に前ぶれなく突然に起こります。
全体が一切表示できなくなる場合や一部のページは閲覧可能な場合もあります。

エラーの対処法

「技術的な問題が発生しています」というエラーの対処法は「時間を置いてアクセスしてみる」という方法しかありません。

とはいえこのエラーは数10分から長い場合でも1時間程度て解消されますから焦る必要はありません。

このエラー画面はTwitterのサービス開始以降、時折発生しているようです。
数年前と比べるとメッセージの内容に少し変化が見られますが、エラー自体の発生頻度はあまり変わっていないように思われます。

エラーについての詳しい原因等は公開されていませんがTwitter側の対応を待つほかないのが現状です。

まとめ

今日ではWebサイトの運営にSMO(ソーシャルメディア最適化)は非常に重要です。
中でもTwitterはWordPressとの連携やbotの利用を駆使するなど積極的な活動が可能でユーザーからのエンゲージメントも獲得しやすいメディアです。
しかしながらTwitterはスパム行為と判断する基準がなかなか厳しく監視も厳重である為、運用開始当初は意図せずTwitterの禁止行為に該当してしまうこともよくあります。

このようにTwitter内でエラーが発生すると慣れないうちは不安になるものですが、問題の事例やTwitterを利用する上でのガイドライン、規約などをしっかり理解して運用するようにしましょう。

-未分類

目次に移動