M&L

Web技術とマーケティングの最前線から情報を発信します。

未分類

SEO対策を強力にサポートするおすすめWordPressテーマ集(最新版)

2016/07/17

01

今回はSEO対策を強力にサポートする
頼れるWordPressテーマをご紹介します。

WordPressとSEO対策

今日ではもはやSEOという概念ももはや常識になり
Webサイト運営者であれば個人ブロガーであれビジネスサイトであれ、
誰しもSEO対策については何かしらの試行錯誤をされているのではないかと思います。

SEO対策といってもその考え方や方法については
検索エンジンが普及し始めて以来、年月が経つに連れ激しく変化してきました。

現在はコンテンツSEOの時代と言われていますが
要するに、コンテンツの量と質で勝負をするのがホワイトハット(正攻法)SEOのスタンダードとなっています。

WordPressでサイトを運営されている方にとっては

SEOに強いテーマを選ぶということが成功を左右する

と言えるのではないでしょうか。
ここで紹介するWordPressのテーマはSEOやWordPressの初心者の方にも扱いやすく、
玄人をもしっかりと満足させてくれる頼もしいテーマです。

いくつかのテーマをご紹介しますが、
SEOに強いということでいずれのテーマも
SEOに必須の要素は当然に網羅している必要があります。
ですので下記の4項目はすべて満たしているという前提で各テーマの個別の説明ではメリットとしてアピールはしません。

  1. Googleのガイドラインに準拠したきれいなソースを書き出す。
  2. HTMLの構造がSEO向きである
  3. レスポンシブデザインに対応している
  4. タイトルやH1タグ等のSEO必須項目が編集しやすい

上記をすべて満たしていなければSEO対策には使用できません。
それでは、要件を満たしているWordPressテーマから
特におすすめのテーマをご紹介していきたいと思います。

1 Xeory-コンテンツマーケティング特化-

xeory

このテーマの注目すべき点はバズ部で有名なWebマーケティング(特にコンテンツマーケティング)のスペシャリストである株式会社ルーシーからリリースされている点です。
また、サイト型テーマとブログ型テーマという2種類のテーマから自身のWebサイトの構造にあったテーマを選択することができます。
そして、SEOのみならずSEMという観点から制作されているテーマですので、LP(ランディングページ)を簡単に作ることができCTAの設置も容易にできるようになっています。
記事を書く際のチェック項目や使い方マニュアルもついているため第三者に執筆を依頼するような場合にも有用です。
特徴的な設定項目として記事ごとにカラム数を設定できるというものがあります。

Xeoryのダウンロード

Xeoryの特徴

  • サイト型テーマ、ブログ型テーマの2種類がある
  • LPやCTAが簡単に作成できる
  • チェック項目やマニュアルが付随しており初心者にもやさしい
  • ダイナミックなデザイン
  • 設定項目で独自のものが多い

2 Stinger-SEO対策済みテーマのパイオニア-

stinger

Stingerシリーズは古くからあるテーマでSEO対策用のWordPressテーマとしてはパイオニア的存在と言えます。
多くのテーマがStingerの影響を受けて制作されました。その内のいくつかはこの後に紹介する予定です。
バージョンアップの度、SEO対策や機能面はどんどん強化されて行きました。
2016年6月現在ではver.7から「Stinger Plus」という大幅な改良を加えたバージョンがアップされたところです。
Stingerは設定画面でカスタマイズできる項目が非常に多く初心者の方でも自由自在なカスタマイズが可能です。
CSSやPHPといったソースファイルも編集しやすく上級者にとっても嬉しいテーマです。
デフォルトの状態のデザインはシンプルで洗練された印象とても美しいもので、カスタマイズの自由度も高いことからサイトを作りこむには最適で、デザインにこだわったサイトを制作することができます。
逆に言えばカスタマイズが前提に作られているのでデフォルトのまま使うには少々味気ない印象もあります。
人気のテーマですのでデフォルトのままだとデザインが他サイトと被ってしまうということも考えられます。

Stingerのダウンロード

Stingerシリーズの特徴

  • 古くからあり改良が重ねられている
  • 設定項目が豊富で初心者でもカスタマイズできる
  • 最終的なカスタマイズの幅が広いく自由度が高い
  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • SNSとの連携が楽

賢威-SEOコンサルタントが監修-

keni

賢威はSEOコンサルタントが提供している有料のテーマですが、SEO対策のマニュアルが付随しているほかサポートフォーラムで相談ができるなど手厚いサポート体制が完備されており、テーマを購入すというよりはより広範なSEO対策サービスを受けることができます。
2007年リリース以来、SEO対策用テンプレートとして非常に優れた実績を誇り成果は折り紙付きと言われています。
付随しているSEOマニュアルの質もよくGoogle等主要な検索エンジンの最新の動向にも敏感に対応しているようです。
細かい部分としてはメタタグ管理機能やSNS連携機能など痒いところに手が届くツールが内包されています。
また、WordPressテーマ版とは別にHTML版のテンプレートも付属しています。

賢威の購入・ダウンロード

賢威の特徴

  • 有料でそれなりのコストがかかる
  • SEOコンサルタントが監修している
  • 高品質なSEO対策のマニュアルが付随している
  • 質問フォーラムなどがありサポート体制が手厚い
  • 有料なだけあってSEO成果では優秀な実績がある
  • 何種類かのデザインから選べる
  • WordPressテーマというよち総合的なSEOサービスである

Simplicity-Stingerの長所を継承したテーマ-

Simplicity

PHPやCSSがわからなくても十分にカスタマイズを楽しみたいという方にはこちらのSimplicityがおすすめです。
テーマカスタマイザーの設定画面だけでかなり豊富な設定を変更することができます。
Webサイト上で変更したいな、と思った箇所はほぼ全てカスタマイザーで簡単に操作することができます。
初心者の方が最短で独自の満足のいくサイトを作ろうと思ったらこのテーマを使用するのが最適でしょう。
また、SimplicityはStingerシリーズから良いところを取り入れて作られたテーマですので長年のノウハウが凝縮されています。

Simplicityのダウンロード

Simplicityの特徴

  • Stingerシリーズから影響を受けている
  • Web知識が乏しくても深いカスタマイズができる
  • Googleアドセンスとの親和性が高い
  • とことんシンプルなデザイン

bizvektor-フォーラムで高度な質問にも対応-

bizvektor

bizvektorは無料テーマであるにも関わらずサポートが手厚く初心者におすすめです。
また、上級者がソースを編集して独自の変更や拡張加えたい場合に有用です。
公式サイト内で細やかな設定ガイドを参照できるので設定に慣れていない方でも安心して使用できます。
さらに同サイト内にはフォーラムが存在し高度なカスタマイズに関するものやトラブルの発生に関する質問を解決することができます。
デザイン面でも選択の幅が広く、拡張デザインスキンと呼ばれる追加のデザイン設定を追加でダウンロードすることができます。追加のコンテンツは有料のものを含みます。

BizVektorのダウンロード

bizvektorの特徴

  • 設定ガイドが参照できるなどサポートが手厚い
  • 高度な改良やトラブルに関する質問フォーラムがある
  • デフォルトでビジネス向けのデザイン
  • 追加で豊富なデザインをダウンロードできる(有料含む)

まとめ

紹介したテーマはすべてSEO対策済みで実用性の高いものばかりなのでどれを使っても快適なサイト構築が可能だと思われます。
それでもやはりどのテーマを使うかというのは皆さん迷うところでしょう。
SEOという観点で見た場合、やはり有料の「賢威」は高パフォーマンスに感じられます。
しかし、自身がある程度のSEO知識を持って運用するのであれば「Stinger」や「Xeory」でサイトを構築したとして賢威に劣るということはないと思われます。
SEO対策においてテーマの選択というのは大きな要素ではありますが、それと同時に単なる1要因でしかないとも言えます。
満足のいく結果を出すためには質の高い記事を制作し時間をかけてWebサイトを成長させて行く必要があります。
結局のところSEO対策で最も重要なことはコンテンツの制作です。
つまり、テーマの選択を誤ったからといってSEOで目標にしていた結果に辿りつけないということはないはずです。
もちろんテーマの選択はSEOでの評価に大きな影響を与えるのは事実ですが、必要以上に思い悩む必要はありません。
ここで紹介したテーマは既述のようにSEOに必要な最低限の条件を満たしていますから、あとはデザインや管理画面の設定項目、カスタマイズの柔軟さなどで自身が気に入ったものを選べばいいでしょう。
デザインという観点で見た場合、デフォルトでは「Xeory」は特徴的で完成度が高いです。しかしデザインもまた、デフォルトのまま使い続けるユーザーは比較的少ないと思われますので、ゆくゆくのことを考えれば自身がカスタマイズしやすいと感じるものを選ぶのが良い選択といえます。

-未分類

目次に移動