あろえ速報

日々の暮らしをちょっとスマートにするお役立ち情報

ヘルスケア ライフハック 家庭の知恵袋

驚きの花粉症対策!腸内環境の改善がアレルギー予防に!?

SAYA160105202992_TP_V

花粉症の患者は年々増加していて、いまや日本人の4人に1人が花粉症と言われています。

花粉症の患者は時期が来るとマスクやメガネは常時装備し、ティッシュは大量消費、症状を抑えるために服用した薬の副作用で眠たくなったり、非常に不便な生活を強いられます。

今回はそんな花粉症に効く驚きの対策「腸内環境の改善」を紹介します。

花粉症の原因

花粉症は植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を引き起こす症候群でアレルギーの一種です。

通常、病原体などの異物(アレルゲン)が体内に侵入すると、免疫がそれを体外に出そうとしたり無害化したりして人体を守ろうとしますが、免疫が必要以上に反応(くしゃみなど)したり人体に無害なものにも反応してしまうのがアレルギーです。

そもそも花粉は人体には無害で、免疫が過剰反応することで花粉症の症状が出るのです。

花粉症と腸内環境の関係

花粉症は花粉が鼻や目などの粘膜に接触することでアレルギーを引き起こすので、マスクやメガネなどを装着して対策するのは当然効果的ですが、花粉症には腸内環境が大きく関係してます。

「鼻や目に症状が出るのに、なぜ腸内環境が関係するのか」と不思議に思う方も多いですが、実は人体にある免疫細胞の約70%が腸内に集中しているからです。

腸内環境が悪玉菌優位の状態だと免疫細胞が正常に働かくなってしまい、アレルギーなど過剰な反応をしてしまいます。

反対に腸内環境を善玉菌優位の状態にすると免疫細胞が正常に働くようになり、花粉症などアレルギーの症状が改善されます。

腸内環境を整える食べ物

腸内環境は食生活が大きく関わっています

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことが大切で、以下の食べ物が良いとされています。

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • れんこん
  • 海藻
  • オリゴ糖

ヨーグルト

ヨーグルトには善玉菌を増やす乳酸菌が含まれています。

乳酸菌とは腸内で乳酸を生成する菌のことで、数千種類もの乳酸菌が存在しています。

それぞれ効果が異なりますので、ここでは花粉症に良いとされている乳酸菌を紹介します。

  • L-55乳酸菌
  • L-92乳酸菌
  • BB536乳酸菌
  • LG21乳酸菌
  • 1073R-1乳酸菌
  • KW乳酸菌

納豆

納豆に含まれる納豆菌は乳酸菌ととても相性が良く、共存することで乳酸菌を増やします

その結果、善玉菌も増え腸内環境を整えてくれます。

また、納豆の原材料「大豆」には食物繊維も含まれているので、大腸内を酸性に保ち、悪玉菌を減らして腸内環境をより良くしてくれます。

れんこん

れんこんはとても栄養豊富な食べ物で、まず食物繊維が悪玉菌を減らし、ビタミンCは活性酸素による害を引き受けてくれます

さらに「ムチン」という粘り成分がタンパク質を分解して腸内環境を整えてくれます

海藻

海藻もとても栄養豊富な食べ物で、わかめ、昆布、ノリ、青のりには食物繊維やムチン、鉄分、レチノールなどが含まれていて、ベータカロチンは緑黄色野菜より多く含まれています

また、海藻に含まれるアルギン酸という水溶性食物繊維は老廃物や有害物質(コレステロール)などを吸着して便として排泄する働きがあり、腸内環境を整えてくれます。

オリゴ糖

オリゴ糖は乳酸菌などの善玉菌のエサとなります。

善玉菌がオリゴ糖を分解すると、酢酸や乳酸などの酸が発生し、酸性に弱い悪玉菌が減ります。

ヨーグルトや納豆、りんご、バナナ、玉ねぎ、ゴボウなどに多く含まれています。

まとめ

日本で初めて花粉症患者が現れたのは1960年で、年々増加しています。

日本にスギが増えたのも原因の一つですが、発酵食品を食べる量が減り、肉を食べる量が増えたのが原因だと言われています。

1960年までは、納豆やみそ汁などの発酵食品を良く食べていて腸内環境が整っていたのです。

腸内環境の改善は花粉症に効果がないという見解もあるようですが、それは2~3日などの短期間だけ乳酸菌を摂っても効果を実感できないことが原因です。

乳酸菌食品を毎日とれば腸内環境が整い、花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果があることを厚生労働省も確認しています。

即効性はなくとも日頃から食生活に気をつけて腸内環境を整えていれば花粉症を改善することができます

腸内環境を良くするには善玉菌を増やすことが重要で、ヨーグルトや納豆、キムチ、味噌、ぬか漬けなどの発酵食品には乳酸菌が多く含まれています。

医療機関で処方される副作用のある薬を飲んだり、鼻の粘膜をレーザーで焼く手術を受ける前に、日常で簡単に出来る花粉症対策「腸内環境の改善」を一度試してみる価値は充分にあると思います。

すぐには効果を得られませんので、花粉症の時期が始まる1ヶ月以上前から始めることが良いとされています。

-ヘルスケア, ライフハック, 家庭の知恵袋

目次に移動