あろえ速報

日々の暮らしをちょっとスマートにするお役立ち情報

ヘルスケア

放置すると意外と怖い!睡眠中に足がつる原因と対処法

2016/09/01

OMG151018400I9A2429_TP_V

睡眠中に足がつり、痛みで目を覚ましたという経験はありませんか?

実は約60%の人が、この足がつる痛みを経験したことがあると言われています。また、頻繁に足がつるようでしたら、それは病気の可能性もあります。

今回は足がつる原因と病気、対処法・予防法について解説します。

足がつる原因と潜む病気

足がつるときは、ふくらはぎにある「腓腹筋」という筋肉がつる場合が多く、この筋肉の中にある筋繊維の一部だけが縮んでいる状態になっています。

縮んだ筋繊維と縮んでいない筋繊維の間にズレが起きることで、筋繊維の周りにある「痛覚繊維」があの痛みを感じるのです。

筋繊維の一部だけが縮んでしまうのは、「運動神経末端」が正常に機能しなくなっているからで、その原因は大きく分けて2つあります。

筋肉の疲労

足がつる原因として最も多いのが、血行不良による筋肉の疲労です。

運動不足や加齢で筋肉が衰えていたり、冷えによって血行不良は起こります。

血行不良が起こると、ビタミンやミネラルなどの栄養分の補給が上手くいかなくなり、筋肉の疲労が蓄積され運動神経が正常に機能しなくなります。

睡眠中は血行不良が起きやすいため、足がつる可能性が高く、冷房などをつけて寝たりすると筋肉が冷えて血行不良がさらに起きやすくなります。

立ち仕事や運動をしている人も筋肉の疲労が溜まりやすいので注意が必要です。

ミネラルのバランスが崩れる

ミネラルにはナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどがありますが、これらのバランスが崩れることにより、運動神経末端が正常に機能しなくなることがあります。

運動をして汗をかいたり、嘔吐や下痢で体内の水分が急激に失われたりするとミネラルのバランスが崩れます。

妊娠中もミネラルのバランスが崩れやすくなるので注意が必要です。

また、睡眠中に頻繁に足がつる場合は、以下の病気が潜んでいる可能性があります。

閉塞性動脈硬化症

下腹の奥の下半身まで繋がる血管が動脈硬化を起こす病気です。

動脈硬化は動脈の血管壁にコレステロールなどが付着して血行不良を起こすので足がつりやすくなります。

はじめは足のしびれや冷えを感じ、悪化すると歩くだけで足が痛くなったり、最悪の場合足が壊死してしまうこともあります。

糖尿病

糖尿病になると神経系に異常が生じ、運動神経末端が正常に機能しなくなるので足がつりやすくなります。

糖尿病性神経障害は初めは手よりも足にきやすいと言われていて、悪化すると足がつる痛みだけでなくしびれや冷えも感じ、最悪の場合足が壊疽して切断せざるをえないこともあります。

糖尿病性神経障害は放置しても治らないので、血糖値が高いと指摘されている人で頻繁に足がつる場合は医療機関での診察をお勧めします。

脳梗塞、心筋梗塞

脳梗塞や心筋梗塞の原因も動脈硬化で起こる病気で、その前兆として足がつりやすくなります。

またこれらは神経系に障害を生じるので、足がつる他にも視界が悪い、ろれつが回らない、つまずきやすいなどの症状がある場合は、早めに医療機関で診察を受けましょう。

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアになると酷い腰痛を生じ、腰をかばうために足に負担をかけ、足の筋肉の疲労が溜まります。

また、腰の神経が異常が足の神経まで異常を起こすため、足がつりやすくなります。

脊柱管狭窄症は肥満だったり、長時間立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事をしている人に多い病気です。

尿漏れや残尿感がある場合は、医療機関での診察をお勧めします。

足がつってしまったときの対処法

足がつったとき、足のふくらはぎの筋肉は過度の緊張状態となりますので、無理に動かすと筋を痛めたり肉離れを引き起こします

まずは痛みが和らぐ角度を見つけ、体の力を抜いて安静にし、痛みが引くのを待ちましょう。

足を動かせるようになったら、つま先をすねのほうに引き上げるようにゆっくり上げて筋肉を伸ばしたり、足首を回してストレッチをし筋肉をほぐして血行を良くします。

痛みが取れてきたら、ふくらはぎを下から上へ向かって優しくマッサージしたり、膝裏や足裏をマッサージしましょう。

足の違和感を早くなくし、その後足がつりやすくなるのを防ぐことができます。

温湿布などで足を温めて血行を良くのも良いです。

まとめ

筋肉に過剰な負担をかけたり、水分不足やミネラル不足、血行不良が原因で足がつることが多いので、以下のような方法で予防することができます。

  • 適度な運動で筋力の低下を防ぐ
  • スポーツ飲料などで水分とミネラルをバランス良く補給
  • お風呂でマッサージし血行の改善と疲労回復

頻繁に足がつり、それいがいの症状も合わせて現れる場合には病気が原因の可能性もありますので注意しましょう。

-ヘルスケア

目次に移動