英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英会話Tips 英語フレーズ集

「応援」を表す英語|様々な場面での「応援する」「頑張れ」に関する英語

スポーツを観戦しているときや、友達の試合などを応援する時は気持ちが高ぶって「頑張れ!」や「いけ!」など無意識に口から出てることがありますよね。

英語では応援していることをどのように表すのでしょうか。
今回は日本人が間違って使ってしまいがちなフレーズに注意しながら、実際に使われている応援に関するフレーズを覚えていきましょう。

間違ったカタカナ語に注意

日本語で誰かを応援するときには「頑張れ」というフレーズがよく使われます。
その他には「ファイト」や単純に「応援してるよ」という言葉をかけることもあるかもしれないですね。

今、例に挙げた「ファイト」には少し注意が必要です。

「ファイト」は運動会などではよく耳にしそうなお馴染みのフレーズに思われます。
しかし、英語圏では応援するときに「fight」という単語は使いません

これだと「戦え・喧嘩しろ」と言ってしまっているので少し意味が違ってしまいます。

また、「チアリーダー」という言葉から「cheer」という単語が思い浮かべる方もいるようですが、「cheer」は「~を応援している」という意味としては使われません。
「cheer」は「声援を送る」という行為、動作を表しているからです。

外国人との会話の中でこれらの間違ったカタカナ語を使わないように覚えておきましょう。

「応援する」を表す英語表現

では実際に使われている「応援する」という表現を見ていきましょう。

root for - 応援する

「~を応援する(している)」とう表現で一般的によく使われるのが「root for」というフレーズです。
あるスポーツチームや選手、身近な人を応援していることを伝えたいときは、この表現を使ってえば問題なしです。

I'm rooting for the Japanese team.
僕は日本代表を応援しています。

 

support - 支持する

スポーツの世界では「サポーター」という言葉をよく耳にします。
ご存知の通り、この「サポーター」は「support」という単語の派生型で、「support」も「応援する・支持する」という意味があります。

We support my local team.
私達は地元チームを応援します。

take sides with - 味方する

「take sides with」も似たような意味を持つフレーズですが、「root for」や「support」と比べると少しニュアンスが異なり、「肩を持つ」というように一方を特にひいきして味方するという印象があります。

I take sides with you.
僕は君の味方だよ。

「頑張れ」を表すフレーズ

次に「がんばれー!」というように応援している相手に実際に掛ける言葉についても覚えておきましょう。

Go for it!

直訳すると「それ(目標)に向かって行け」という意味です。
そこから「頑張れ」というニュアンスになります。

文字通り、目標に向けて頑張っている人に「一発かましてやれ!」と激励する時に使うことができます。
スポーツの応援でも日本語で言う「行け!」と同じようなニュアンスで使われます。

Keep going!

「keep ~ing」で「~し続ける」という意味があります。

「keep going」は「そのまま進み続けろ」というニュアンスになるので、そこから「あきらめずにこのまま頑張って!」と応援する表現になります。

Cheer up!

先ほど「cheer」は「応援する」という意味としては使わないと説明しました。

しかし、「cheer」には「元気づく」という自動詞としての意味があります。
「cheer up」は「元気出して!」と落ち込んでいる人を励ますフレーズとしてはよく使われます。

Take it easy!

これは「気楽にやろうよ」というフレーズです。
「無理しすぎないで頑張れ」というニュアンスがあるので、何かを頑張りすぎている人や落ち込んでいる人にこの言葉をかけてあげると良いでしょう。

You can do it!/ You can make it!

このフレーズもどこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

どちらも「君ならできるよ!」と元気づけるフレーズです。
重要な試験や面接、プレゼンなどを前に緊張している人がいればこの言葉をかけてあげましょう。

I'm always on your side.

先程紹介した「take sides with(味方する)」に近い表現です。

「always」は「いつも」、「side」は「側」という意味で、そのまま訳せば「僕はいつも君の側いるよ」という意味になります。
「僕はいつでも君の味方だよ、君の側で応援しているよ」という心温まる言葉です。

まとめ

「応援する」という意味の英語表現と、相手を応援するときに使う「頑張れ」というようなフレーズについて解説しました。

「~応援する」はという表現には「root for」「support」を使います。

「~に味方する」「~の肩を持つ」という表現に「take sides with ~」があります。

応援をしているときに相手に掛ける言葉には、状況によって様々なものがあります。
「行け!」という意味の「Go for it!」や、「そのまま頑張れ!」という意味の「Keep going!」などはよく耳にするものの1つです。

間違って「Fight!(喧嘩しろ!」と言わないように気を付けてください。

誰かを応援する際には、どのフレーズを使うかというよりもやはり気持ちが大切です。
自分が本当に応援していることが相手に伝われば、それだけで相手を励ますことができますね。

-英会話Tips, 英語フレーズ集

目次に移動