英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英文法 英語フレーズ集

英語「so as to」と「in order to」の違いと使い方|英会話フレーズ集

2016/09/27

NAT86_eijishinbuntochoko_TP_V

不定詞を含む「so as to」と「in order to」はとても頻繁に使われる表現ですが、不定詞「to + 動詞の原形」との違いに悩んだことはありませんか?

非常に大切な表現ですので、今回は「so as to」と「in order to」の意味と使い方について説明します。

so as to / in order to の意味と使い方

不定詞を含む「so as to」と「in order to」はどちらも「~するために、~するように」という意味を持っていて目的を表します。

「~するために」といえば不定詞をまず思い浮かべると思いますが、不定詞「to + 動詞の原形」だけでは、不定詞の用法が判断できず意味が曖昧になることがあります。

I save money to buy the mountain bike.
私はマウンテンバイクを買うためお金を貯めています。 形容詞的用法
私はマウンテンバイクを買うためお金を貯めています。 副詞的用法

上記の日本語訳のように不定詞だけでは、形容詞的用法「~するための」なのか副詞的用法「~するために」なのか曖昧で、読み手(聞き手)の判断に委ねられます。

契約書などの重要文書ではこういったことがあってはいけないので、「so as to」や「in order to」を使い、目的の意味を明確にします

I save money in order to buy the mountain bike.
私はマウンテンバイクを買うために、お金を貯めています。  副詞的用法

読み手(聞き手)が目的の不定詞であると特定しにくいと思われる場合にもよく使われます。

また、目的の内容を否定する場合は、単に「not to + 動詞の原形」とすることはできませんので、「~しないために、~しないように、~するといけないから」という場合には、「in order not to + 動詞の原形」や「so as not to + 動詞原形」を使って表現します。

午前6時発の電車に乗り遅れないように早く起きました.
I got up early so as not to miss the 6:00 a.m. train.
I got up early in order not to miss the 6:00 a.m. train.

so that文との違い

この「in order to」や「so as to」の表現は「so that」を使って置き換えられる場合があります。

私は健康のためにウォーキングをします。
I take a walk in order to stay healthy.
I take a walk so that I stay healthy.

しかし、全ての状況で意味が同じになるわけではなく表現によっては言い換えるとニュアンスが少し異なる場合もあるので注意しましょう。

so as to と in order to の違い

「so as to」と「in order to」はどちらも目的を表す「~するために、~するように」という意味ですが、以下のようにニュアンスが微妙に違います。

  • so as to     : 目的+結果(結果として~となるように)
  • in order to : 目的の観念が強め

また、「in order to」は文頭に置かれることがありますが、「so as to」は文頭には置きません

In order to do that it will take only this much money.
それをするためにはこれだけのお金がかかってしまう。

このように文法的にも微妙な違いがあります。

この2つの違いから、肯定文では「in order to」がよく使われ、否定文では「so as to」が使われることが多いです。

まとめ

so as to」と「in order to」は目的の意味を明確にするために使われます。

この2つは微妙なニュアンスの違いと文法的な違いから使い分けられますが、どちらを使っても問題ない場合が多いです。

また、so that構文で言い換えることが可能な場合も多々あります。

-英文法, 英語フレーズ集

目次に移動