英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英会話Tips 英単語

英語「see」と「meet」の使い分け|英単語使い分け講座

2f54e81fafbd122d4f9a1a8a53540954_s
「会う」という意味を持つ「see」と「meet」は、どちらも基本的な単語で日本人は混同しがちですが、ネイティブスピーカーは状況によって使い分けています。

間違えて使うと失礼にあたることもありますので、ここでしっかりと理解しておきましょう。

SeeとMeetの意味とニュアンス

まず単語本来の意味からみていきましょう。

「see」の意味      (視覚に映るの意で)見る、(…を)見る、(…が)見える、(…が)見る、参照せよ、見よ、よく見る、(…を)確かめる、調べる、確かめる

「meet」の意味    会う、出会う、(偶然)(…に)出くわす、(…と)すれ違う、(約束して)会う、落ち合う、(折衝などのため)面会する、(紹介されて初めて)知り合いになる、(…を)出迎える、交わる

上記のように「see」は会うというより「見かける」というニュアンスで使います。

対して「meet」は知り合いになる、約束して会うなど「接触」するニュアンスで使います。

SeeとMeet使い分けの原則

「see」と「meet」を使い分ける原則として、

  • 「see」      一度でも会ったことがある場合に使用
  • 「meet」 初めて会う場合に使用

例として「会えてうれしい」という表現で比較すると、

初めて会う人に出会った場合
Nice to meet you.

知っている人に再会した場合
Nice to see you (again).

日本の学校などでは「会えてうれしい」=「Nice to meet you.」と学んだと思いますが、これは初めて会う人に出会った場合のみ使える表現です。

会ったことがある人に対して「Nice to meet you.」と言ってしまうと、相手に「覚えられていないんだ」と誤解されてしまうかもしれません。

イメージの違いで使い分ける

初対面ではない場合でも「meet」を使ったり、その反対に初対面でも「see」を使ったりすることもあります。その使い分けの基準は以下のとおりです。

  • 「see」       こちらから会いに行くなど、片方が一方的に(主体的に)会うイメージ
  • 「meet」   両者がある一点に向かっていき、双方向的に会うイメージ

初対面で会う場合の「meet」も、この両者がある一点で落ち合うというイメージから「初対面で知り合いになる」というニュアンスで使われます。

医者にかかる場合

主体的に会いに行くので、初めて会う人でも「see」を使います。

I failed to induce him to see a doctor.
私は医者にかかるように彼を説得できなかった。

This was the first time for my daughter to see this dentist.
娘はこの歯医者にかかるのは初めてだった。

Don't be afraid of seeing the doctor.
医者にかかるのを怖がっては行けません。

待ち合わせをする場合

双方向的に会うので、会ったことがある人でも「meet」を使います。

何らかの目的があって特定の場所で誰かに合う場合

I have to meet project leader.
プロジェクトリーダーに会わなければならない。

待ち合わせの約束をする場合(電話での会話)

Do you want to have dinner tonight?
今夜食事しない?

Sure, sounds good. What time were you thinking?
うん、いいね。何時にする?

About 9:00.
9時くらい。

OK.Where shall we meet?
了解。どこで会おうか?

偶然に会う場合

偶然に会うは「bump into」と表現します。

会ったことがある人に偶然出会った場合には、両者が一点に向かっていき双方向的に会うイメージから、「meet」を使います。

I bumped into an old school friend last month.I hadn’t seen him for almost 5 years.
先月同級生に偶然会いました。彼とはほぼ5年も会っていませんでした。

抽象的な何かに会う場合

抽象概念に遭遇するということは、こちらから主体的に会いに行くというよりも向こうから来るというイメージが強いので「meet」を使います。

Wherever he went he met courtesy and prejudice.
彼はどこに行っても、好意と偏見に遭遇した。

まとめ

「see」と「meet」を使い分けるときのポイントは2つあります。

  • 初めて会うか、一度でも会ったことがあるか。
  • 片方が一方的に(主体的に)会うイメージか、両者が双方向的に会うイメージか。

この2つのポイントを理解していれば、迷うことなく「see」と「meet」を使い分けられると思います。

すでに知っている人にあう場合   see
初対面で知り合いになる場合      meet
医者にかかる場合                     see
待ち合わせの場合                     meet
偶然に会う場合                        meet
抽象的な何かに会う場合            meet

-英会話Tips, 英単語

目次に移動