英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英語フレーズ集

英語での買い物もバッチリ!海外の買い物で役立つ場面別英会話フレーズ

海外でのお買い物は、日本で手に入らないものや目新しいものがたくさんあってとても楽しいものです。

せっかく海外に行ったのなら、言葉の壁に尻込みせず、ぜひお買い物を楽しみたいですよね。
今回はお買い物するときに役立つ英会話表現やフレーズを場面ごとにまとめてみました。

お店の中でも特に訪れる機会が多いと思われる衣料品店、食品店での買い物を例にして解説していきます。
買い物に必要なやり取りはすべてご紹介しますので、どんなお店の買い物でも大いに役立つはずです。

衣料品店で役立つやり取り

海外の衣料品店は日本の衣料品店よりも、店員による声掛けや密な接客が少ない場合が多く、また日本のお店のように「お客様第一」と腰を低くするような風潮がないので、丁寧で手厚いサービスは期待しないほうが無難です。

日本の衣料品店の接客に慣れていると、「なんて冷たいんだろう…」「売る気がないのかな…」なんて感じてしまう方もいるかもしれません。

でも慣れてしまえばとっても気楽。
あとは必要な英会話表現をきちんと身につけておけば、思わぬ素敵な一枚に出会えるかもしれません。

それでは衣料品店での買い物に役立つ英会話表現を場面別に見ていきましょう。

お店に入ったとき

店員:Hello. How are you?

客 :I'm good thank you.

日本語には「いらっしゃいませ」という言葉があります。
これはお店に入ってきたお客さんに店員さんが最初にかけるお決まりのフレーズですね。

しかし、英語にはこの「いらっしゃいませ」に当たる言葉がありません
お店に入ると普通に「Hello」と声をかけられるでしょう。

そんなときは普通の挨拶をするように返事をすればよいでしょう。

挨拶を交わした後、お店によっては次のように聞かれることがあります。

店員
:May I help you?
:Can I help you?
:How may I help you?
なにかお手伝いしましょうか?

店員
:Is there anything in particular you are looking for?
何かお探しの物はありますか?

こんなときにはあなたのそのときの気持ちに応じて、次のような表現をすることができます。

見ているだけの時


:I'm just looking thank you.
:I'm just browsing thanks.
見ているだけです、ありがとう。

どちらも「見ているだけです」という表現で、「ありがとう」と付け加えると丁寧です。
特別なにが欲しいわけではないときに使える表現です。

また、店員さんがあなたのこの言葉を受けて、

店員:Let me know if you need anything(help).
もし何か(助け)が必要だったら教えてください。

と言ってくれたら・・

客 :Yes I'll. Thank you.
そうします、ありがとう。

と返事をするとよいでしょう。

探しているものがあるとき

客:I'm looking for a red short sleeve shirts. Do you have it?
赤い半そでのシャツを探しているんですが、ありますか?

欲しいものが明確な時は、こんな風に店員さんに尋ねれば店を歩き回る手間が省けます。
「ありますか?」という表現には「Do you have ~」を使います

この表現は店員さんが商品を手に持っているわけではないの不自然に感じるかもしれませんが、取扱商品を尋ねる際の一般的な質問ですので慣れておきましょう。

もし探しているものがそのお店にあれば、

店員:Yes we have. Follow me. I'll show you.
はい、ありますよ。着いてきてください。お見せします。

もしお店になければ、

店員:I'm afraid we don't carry it.
残念ですが取り扱っていません。

店員:I'm sorry we are out of stock now.
申し訳ございません、在庫切れです。

という言葉が返ってくるでしょう。

在庫がなかったけれど、どうしても欲しい場合には、

客:When will you get it in stock?
いつ入荷しますか?

と聞いてみるといいかもしれません。

試着をするとき

お店を見て回り気に入ったものがあったら、衣料品の場合は試着をしてみるかと思います。
試着をするときには次のような表現を覚えておくと便利です。

試着をしてよいか尋ねる

客:Can I try this on ?
試着していいですか?

海外の衣料品店は自由度が高いと言えど、試着をするときには店員さんに一言断りをいれるのが常識です。
お店によっては試着室に店員さんが常駐していて、入り口で何枚試着室に持ち込むかをチェックをし、枚数の数が書かれた札を渡される場合もあります。

日本のように試着中に声をかけてくるということはあまりありません。

サイズが合わなかった

客:It's too small/big. Do you have a bigger/smaller one?
とても小さい/大きいです。もっと大きい/小さいサイズはありますか?

客:It didn't fit.Do you have it in small/mediem/Large size?
サイズが合いませんでした。これのS/M/Lサイズありますか?

試着したもののサイズが合わなかった時には、こんな風にサイズ違いの物があるか尋ねてみましょう。
ちなみに日本でいう「フリーサイズ」は、英語では「one-size-fits-all」と言います。

他の色や形が欲しい

客:Do you have this in any other colors?
色違いはありますか?

客:Do you have this in white?
これの白色はありますか?

デザインはいいけど色が少し気に入らない…
そんな時にはこの表現です。
色について述べるときには前置詞「in」を使うのがポイントです。

試着室から出る

試着室から出ると店員さんは、こんな言葉をかけてくるでしょう。

店員:How was it?
どうでしたか?

店員:Is there any good?
気に入ったものはありましたか?

買いたいものがあったときはこう伝えます。

客:I'll take it!
これ買います。

買いますという時には「buy」ではなく「take」もしくは「have」を使うのが一般的です。

「試着したらあまりよくなかった…」というのはよくあることです。
そんなときにはこんな表現が使えます。

客:I'll think about it.
少し考えます。

客:Let me think about it.
考えさせて。

理由を説明するような表現でもいいでしょう。

客:It's not quite what I'm looking for.
探しているものとは違いました。

客:It's not exactly what I imagined.
想像していたものと違いました。

ウール製品などの場合、肌触りの良し悪しは購入するかの大事なポイントです。
こんな表現もついでに覚えておいてはいかがでしょうか。

客:I like it but it feels scratchy..
好きなんですが、チクチクします…

店員にお願い・質問したいとき

お店では色々と、店員さんに聞きたいことやお願いしたい事があったりします。
そんなときにはまずこんな風に話しかけてみてください。

客:Excuse me, could you help me?
すみません、手伝ってもらえますか?

例えばショーウィンドウに飾られた商品を手元で見たい、あるいは試着してみたい時にはこんな風にお願いするとよいでしょう。

客:I'd like the one in the window. Would you get it for me?
ショーウィンドウにあるものが欲しいのだけど、取ってもらえますか?

値段の分からない商品があったときにはこんな表現です。

客:I can't find a price tag on it. How much is it?
これ値札がついてないのですが、いくらですか?

その他にもこんな表現を覚えておくと役に立つかもしれませんね。

客:Is this shirts on sale?
このシャツはセールになってますか?

「安売りセール」とはよく言いますが、この「セール」というのは「sale」のことで英語圏でも通用します。

客:What is this made of?
素材は何ですか?

客:Can I touch it?
触ってもいいですか?

レジで支払いをする時

気に入ったものが見つかり、レジでお会計するときに役立つ英会話表現を見ていきましょう。

レジ・会計の場所を聞く

客:Where is the cashier?
(レジはどこですか?)

日本語でいう「レジ」は、英語では「cashier」と言います。

レジまでお客様をご案内…なんていう手厚いサービスがないお店もたくさんありますので、レジの場所を確認する言葉は覚えておくとよいでしょう。

支払い方法を伝える

支払いの方法には色々ありますし、様々な事情から特別な払い方をしたいという場合もあると思います。
レジでの支払いの場面では、こんな表現を覚えておくと便利です。

客:I'll pay in cash.
現金で支払います。

客:I'll pay by card.
カードで支払います。

支払い方法を伝える場合に注意したいのは前置詞です。
現金払いの場合は「in 」、クレジットカードで払いたい場合は「by」を使います。

又、お店によってはクレジットカードが使えないお店もあります。
使えるかどうかの確認はこんな風に尋ねてみてください。


:Do you accept Master card?
:Can I use Visa card?
マスターカード/ ビザカードは使えますか?

特別な支払いがしたい場合は、こんな風に伝えます。
例えば、一部クレジットカードで一部現金払いしたい時には、

客:Can I put a part of it on my card and pay the rest in cash?
一部クレジットカードで払って、残りは現金で払えますか?

人から頼まれた物と自分で買いたい物を別会計をしたいような場合は、

客:Can I pay for this and this separately?
これとこれ、別々に会計してもらってもいいですか?

ラッピングをする

海外では素敵なラッピング用品がたくさん売られています。
贈り物などは自分で包装することが多いようですが、お店によってはギフトラッピングをしてくれる場合もありますので、聞いてみるとよいでしょう。

客:Could you gift wrap this please?
プレゼント用に包んでもらえますか?

お土産にするものを購入した場合、余分に袋が欲しかったり、お土産のものだけ別に包んでほしかったりすることがありますね。そんな時にはこんな風にお願いしましょう。

客:Can I have extra paper bags?
余分に紙袋をいただけませんか?

客:Could you wrap this separately please?
これを別で包んでもらえませんか?

食料品店で役立つやり取り

衣料品以外の代表的な買い物と言えば、食料品や日用品の買い物でしょう。
買い物に必要な基本的なやり取りは既にご紹介しましたので、次に食料品店特有のフレーズを見てみましょう。

海外のスーパーマーケットは大変広く、目新しいものがたくさんあるので、食料品や日用品のお買い物が好きな方にはとても楽しい場所です。

しかしその広さゆえ、探し物は一苦労。
店内にはレジ以外にも店員さんがいる場合が多いので、こんな風に尋ねてお手伝いをお願いしましょう。

客:I'm looking for soy sauce. Where is it?
醤油を探しているのですが、どこにありますか?

客:Do you have soy sauce?
醤油はありますか?

量り売りケースから選ぶとき

スーパーマーケットでの買い物は、基本的に店員さんとの細かなやり取りは必要ない場合が多いですが、お総菜やハムなどを量り売りしてくれるデリセクションは、やり取りが必要になる場所です。

珍しいお総菜やおいしそうなハムやチーズの並ぶケースを目の前に、英語がわからないから諦めるのは惜しいですね。
こんな表現を覚えてぜひ試してください。

客:Can I have that for 3?
それを3つください。

「~つください」という場合は欲しいもののあとに「for」をつけて数を伝えます。
ケースの中にたくさん陳列されたお総菜の中で、欲しいものがどれであるかを伝えるのはなかな難しいものですが、こんな表現を覚えておくと役に立つかもしれません。

  • the one on the left side
    (左側のもの)
  • the one on the left side of A
    (Aの左隣のもの)
  • the one in front of you
    (あなたの目の前のもの)
  • the second one from the right
    (右から二番目のもの)

量り売りのお総菜は欲しい分量をこんな風に伝えます。

客:Can I have a half pound of roast pork?
ローストポークをハーフパウンドください。

アメリカでは重さの単位はpoundです。
慣れるまではとても難しいのですが、1poundは0.4536kg、つまり2poundが約1キロ弱というイメージで買い物をするといいでしょう。

イギリスのスーパーのデリではグラムで買えるところが多い印象です。
どちらにしても「分量+of+欲しいもの」の順番で伝えてください。

その他にもこんな表現を覚えておきましょう。

客:Can I have the salad in a small container?
そのサラダをスモールサイズの入れ物でいただけますか?

客:Would you warm it up please?
温めてもらえますか?

客:How long will it be fresh?
どのぐらいもちますか?

客:Could you slice it please?
スライスしていただけますか?

客:Could you make it a little thinner(thicker)?
少し薄く(厚く)カットしてもらえますか?

客:Could I have a plastic fork?
プラスティックのフォークをいただけますか?

まとめ

お買い物で使える英会話表現やフレーズを場面別に紹介しました。

今回はかなり多くのフレーズが登場したので一度に覚えるのは大変です。
そこで最後に、最低限覚えておけば買い物ができるという便利なフレーズを挙げておきます。

  • Can I have this one?
    これを買います。
  • How much is this?
    これはいくらですか?
  • Do you have ~ ?
    ~はありますか?
  • I'm just looking, thanks.
    見てるだけです。

これら4つのフレーズがあれば必要なものを見つけ出して会計をすませることができるでしょう。

また、店員さんに何か尋ねたり頼む際には「Can you ~ ?」という疑問文の作り方を覚えておきましょう。
この質問方法は非常に便利なので、難しく考えずに「Can you」と言ったあとに続けて頼みたい内容を伝えてみましょう。

せっかく海外に行ったのなら、日本との違いを楽しみながらいいお買い物ができるといいですね。

-英語フレーズ集

目次に移動