英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英会話Tips

英語で「お疲れ様です」は何て言う?|英会話Tips

TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V

まずはじめに「お疲れ様」は日本特有の言い回しですので、英語には「お疲れ様」という言葉は存在しません。

外国人に「お疲れ様」と伝えたい時にはシチュエーションに合わせた表現をします。

「お疲れ様」を使うシチュエーションと表現の仕方

私たち日本人は「お疲れ様」という言葉を「挨拶」と「ねぎらいの言葉」として、主に2つの意味で使っていますが、とても万能な表現で様々な場面で活用しています。

英語には「お疲れ様」という言葉が存在しないので、シチュエーションに合ったフレーズで伝えればいいのです。例えば、

  • 職場で同僚に会ったときには、「やぁ、こんにちは」
  • 仕事が終わったときには、「また明日、良い夜を」
  • ねぎらいの言葉をかけるときには、「疲れたでしょう、よくやったね」

などの言い回しで伝えることが出来ます。

それでは、シチュエーションに応じて「お疲れさま」の意味に最も近い表現をご紹介します。

職場での軽い挨拶としての「お疲れ様」

職場で顔を合わせたりしたときの「お疲れ様」は挨拶として使っていますので、挨拶をすればよいのです。

時間帯に合わせて「Good morning」「Good afternoon」「Good evening」を使うか、
もう少しカジュアルな表現にしたい場合には時間の制約がない「Hi/Hello/Hey」を使って挨拶します。

また、挨拶の後に名前をつけることより丁寧な表現になります。

Hi John.
Hey John.
Hello John.
Good morning,John.

通常は挨拶の後に「How’s it going?」や「What’s going on?」と尋ねます。

Hey John!How’s it going?
ジョンお疲れ様!調子はどうだい?

Good morning,John!What’s going on?
おはようジョン、調子はどうだい?

仕事終わりの挨拶としての「お疲れ様」

仕事が終わり帰り際に言う「お疲れ様です」も挨拶として使っていますので、さようならを言えばよいのです。

Have a good night.
良い夜をお過ごしください。

Have a nice evening.
素敵な夜をお過ごしください。

Goodnight.
おやすみなさい。

See you tomorrow.
また明日。

Have a great weekend.
良い週末を。

平日は「Have a good night」などを使い、週末は「Have a great weekend」を使うと覚えておきましょう。

Have a good night.See you tomorrow!
良い夜を(お疲れ様)、また明日!

Have a great weekend.See you on Monday!
良い週末を(お疲れ様)、また月曜日に!

ねぎらいの言葉としての「お疲れ様」

結果を残したり、何かをやり遂げたり、長時間仕事をして疲れた人に対しては相手をねぎらう意味で「お疲れ様」と言いますので、褒めたり、感謝したり、気遣う表現を使います

Good job./Good work.
(お疲れ様)よくやったね。

Well done.
(お疲れ様)よくやったね。

You did good today.
(お疲れ様)今日はよくやったね。

It was great.
(お疲れ様)素晴らしい出来だね。

「Good job」と「Good work」の意味はほぼ同じですが、「Good job」の方が、仕事の結果が良かった場合に使い、「Good work」は結果に関係なく頑張ったときに使います

また、後ろに「today」や名前をつけることで「お疲れ様」により近い表現になります。

Good job today!
(お疲れ様)今日はよくやったね。

Good work, John!
(お疲れ様)よくやったねジョン!

また、上司が部下の仕事をねぎらう場合には以下のような表現を使います。

Thanks for your hard work.
(お疲れ様)頑張ってくれてありがとう。

重労働に対するねぎらいの言葉は「疲れる」という表現をいれますが、肉体的又は精神的に疲れがある場合に限って使います。

You must be tired./You must be worn out.
(お疲れ様)疲れたでしょう。

出張から帰ってきた人に対する「お疲れ様」は以下の以下のような表現を使います。

I hope you had a good business trip.
出張お疲れさまでした。

Good work on the Afghanistan business trip.
アフガニスタン出張、お疲れ様でした。

Welcome back from your long trip.
長旅お疲れ様でした。

まとめ

日本語ではどんな場面でも「お疲れ様」と言いますが、英語ではシチュエーションに合わせて「どういう意味のお疲れ様」かをはっきりさせて伝えなければなりません。

何気ない普段の会話でよく使われる言葉ですので、シチュエーションに合った表現を何通りか覚えておくとスムーズに伝えることができて便利です。

「お疲れ様」の一言で職場での人間関係を良好に出来るかもしれません。

-英会話Tips

目次に移動