英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英語フレーズ集

英語「never mind」の意味と使い方|英会話フレーズ集

2016/08/06

BON_Whyzesu20150207160022

今回はよく耳にするけど、なんとなく理解しがちなフレーズ「never mind」について解説します。日常的によく使われるフレーズですからしっかりとその使い方やニュアンスを理解しましょう。

”never mind”の使い方間違えているかも!?

”never mind"という言葉はご存知ですか?海外ドラマや洋画などで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。また、日常会話でもよく使われるフレーズなので、外国人との会話の中で耳にしたことがある人もいるかと思います。この”never mind"というフレーズの、正しい意味を知っていますか?

”never mind"というと、日本語の”ドンマイ”の英訳として知っている、という人も多くいるかと思います。しかし”ドンマイ”というフレーズと”never mind"というフレーズ、一見同じ意味に思えますがニュアンスが若干違うことをご存知でしょうか?なんとなく分かったつもりでいて、誤った意味で使って大失敗なんてことにならないよう、ここでは”never mind"の正しい使い方について知っていきましょう。

意外と知らない”never mind"に含まれるニュアンス

”never mind"というフレーズについて、細かく見ていきましょう。そもそもmindという単語は、気にする、などという意味で使われます。neverは単語の意味を打ち消す効果のある単語ですから、気にするの反対の意味、つまり気にしない、という意味になります。また、打消しの単語が文章の頭にくるのは、文法的には命令形であることを表します。そのため”never mind"というフレーズを直訳すると”気にするな”という意味になります。

これだけ見ると、日本語の”ドンマイ”と同じように見えます。しかし実のところ、この”never mind"には”ドンマイ”にはあまり含まれないニュアンスが含まれていることがあります。”never mind"は直訳すると、気にするな、という意味に訳されます。しかし実際そこには、気に留めないで欲しい、忘れて欲しいといったニュアンスが含まれています。つまり”never mind"は、気にしないで、何でもないから忘れて、といった意味で使われることがあるのです。一方”ドンマイ”は、誰かが失敗してしまった時などに相手を励ますために、または気にしないで大丈夫だよ、と伝える意味合いで使われますよね。”ドンマイ”には”大丈夫だよ”というニュアンスが含まれている反面”never mind"には”忘れて欲しい”というニュアンスが含まれているといえば、イメージしやすいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?”never mind"の正しい使い方について、参考になったでしょうか。”never mind"は”ドンマイ”の意味として使用しても間違いというわけではないので、もちろん置き換えて使用することも可能です。しかし”never mind"には、気にしないで欲しいという意味に加え、大したことじゃないから忘れて欲しい、といったニュアンスが含まれています。この点を抑えておけば、これからより正しく”never mind"というフレーズを使うことが出来るのではないでしょうか。

-英語フレーズ集

目次に移動