英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英会話Tips 英文法

否定疑問文の返答に注意しよう!Yes・Noで迷わないための考え方

38533094_m

'Do you like dogs?'や'Are you a student?'と聞かれても、きっと難なく答えることができるかと思います。「こんなの簡単じゃん!」という声が聞こえてきそうですね。

では、'Don't you like dogs?'と聞かれたら正しく返事することができるでしょうか。

これは否定疑問文と呼ばれる構文で、ややこしく感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

'Don't you ~?'のような否定疑問文に対する答え方にはいくつか注意点があります。

そもそも否定疑問文とは?

普段の会話では「~しますか。」や「~ですか。」と相手に聞くことが多いと思います。これは普通の疑問文ですね。
肯定疑問文と呼ばれることもあります。

否定疑問文とは「~しないのですか」や「~ではないのですか」という疑問文で、否定文を疑問文の形にすれば否定疑問文になります。

否定文

You don't like dogs.
あなたは犬が好きではありません。

否定疑問文

Don't you like dogs?
あなたは犬が好きではないのですか。

否定疑問文の形でこちらから質問を投げかけるのはさほど難しくはないことでしょう。

問題は、否定疑問文で自分が質問された場合です。
このとき日本語と同じ感覚で返答をすると相手を困らせてしまう可能性もあります。

否定疑問文への答え方

上記の「Don't you like dogs?(あなたは犬が好きではないのですか?)」の質問に対してあなたはどう答えますか。

犬が好きな方はどう言うでしょうか。日本語で考えると、「いいえ、犬は好きです。」と言いますね。これを素直に英語にすると、「No, I do.」と答えたくなります。
しかし残念ながら、この答え方では質問者である相手を困らせてしまいます。

犬が嫌いな方は「はい、犬は好きではありません。」と日本語では言うので、「Yes, I don't.」と答えるかもしれませんね。
しかしこの答え方も先ほど同様正しい答え方ではありません。

否定疑問文は、肯定疑問文(普通の疑問文)の回答と同じで「Yes, I do.」か「No, I don't.」のどちらかの答えしかありません。

「Yes, I don't.」や「No, I do.」という答え方は存在しません。

つまり「Yes」の後には必ず肯定文が続き「No」の後には必ず否定文が続きます

正しい答え方は次のようになります。

犬が好きな場合

Yes, I do.
いいえ、好きです。

犬が嫌いな場合は

No, I don't.
はい、好きではありません。

このように日本語で言うところの「はい」と「いいえ」が逆になっているため「ややこしい…」と感じる方も多いようです。

「いいえ」なのに「Yes」、「はい」なのに「No'と言うのですから、混乱してしまうのも無理はありませんね。

否定疑問文の答え方のコツ

では、どうすれば否定疑問文に答えるときに混乱せずしっかりと答えることができるでしょう。

そのカギは肯定疑問文と同じように考えることです。肯定疑問文の場合、犬が好きなら「Yes」、好きでないなら「No」と答えます。
実は否定疑問文も同じです。好きならば「Yes」、好きでないなら「No」と言ってしまえばいいのです。

日本語の「はい/いいえ」は相手の質問に対して相対的に肯定・否定を表します。
しかし英語の「Yes/No」は相手の質問とは無関係に絶対的に肯定・否定を表します。

否定疑問文では「いいえ」を「Yes」、「はい」を「No」と考えてしまうと難しく感じてしまいます。

これを取っ払ってしまえばきっと否定疑問文も怖くはありません。相手の質問とは関係なくその事柄について肯定なら「Yes」、否定なら「No」と答えればいいのです。

ほかの例で考えてみると

「Aren't you a baseball fan?'野球ファンじゃないの?」と聞かれたら、

野球ファンなら「Yes, I am.」

野球ファンでないなら「No, I'm not.」

このように答えればいいのです!

まとめ

今回は返答する際に「Yes/No」を間違えがちな否定疑問文についてお話ししました。

否定疑問文に混乱せず答えるコツは肯定疑問文と同じように考えることです。
日本語と英語の違いに惑わされないことが大切です。

「Yes = はい」ではないということを覚えておきましょう。

相手の質問に関わらず肯定的なら「Yes」、否定的なら「No」と答えましょう。

ここで述べたことを意識してもらえれば、きっと否定疑問文にも上手に答えることができるはずです。ぜひ、試してみてください。

-英会話Tips, 英文法

目次に移動