英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英会話Tips 英単語

英語「look・see・watch」の使い分け|「見る」という英語表現の違い

みなさんは「見る」という意味の英単語を聞かれたらどのようなものを思い浮かべますか。

そうです英語には「見る」という意味を持つ単語が複数あります。
中でも日常的によく使われるのは「look」「see」「watch」の3つではないでしょうか。

では、この3つの「見る」という単語の違いを説明できるでしょうか。
実はこれらは同じ「見る」という意味の単語ですが、どれを使っても良いという訳ではなく明確なニュアンスの違いがあり使い分けが必要です。

今回は「look」「see」「watch」の違いと使い分けについて解説したいと思います。

look:視線を向ける

ではまず、「look」から説明していきましょう。
例文を使って「look」がどのような場面で使われているか見てみましょう。

Look at the picture.
この写真を見て。

I looked at the beautiful scene.
わたしは美しい景色を眺めた。

例文にもあるように「look」は「Look at ~」というように相手の視線を特定の方向に誘導したい場合によく使われます。
つまり「look」は「何かに視線を向ける」というコアイメージを持っているのです。

その証拠に視線の方向を意識した「見上げる」「見下ろす」というような表現には「look up」「look down」が使われます。

一般的には「look at」の形で前置詞「at」を伴って使われますが、「鏡を覗き込む」というよな表現の場合は「look in」も使われます。

She looked in the mirror.
彼女は鏡を覗いた。

このように「look」を使う際には視線の方向が意識されています。
ですから、ガールフレンドを「じっと見つめる」、景色を「じっと見る」というように「意識して見る」というときには「look」を使うのが適切です。

また、ネイティブスピーカーの間では「look at ~」ではなく「take a look at ~」というフレーズも非常によく使われています
この2つはどちらも「~を見る」という意味で同じように使うことができます。

see:見て認識する/視界に入る

次に「see」について説明します。
ここでもまず「see」が使われる場面を例文で見てみましょう。

I saw my friend in a park.
私は公園で友人に会った。

I see a lot of fish in the sea.
海にはたくさんの魚がいる。

例文のように誰かに「会った」という場合に英語では「see」が使われます。
これは「相手を見た = 会った」というように表現されるからです。

このことからも分かるように「see」には「見て認識する」というコアイメージがあります。

2つ目の例文についても同様で「たくさんの魚を認識できる = たくさんの魚がいる」という意味になります。

 

「look」と「see」の違いを利用すれば次のようなユニークな文章も作ることができます。

She looked at this side but didn't see me.
彼女はこちらを見たが僕には気づかなかった。

もう1つ「see」には「単に視界に入る」という使われ方もあります。
意識的に視線を向けた訳ではなく、観察しようとする意図がある訳でもなく、なんとなく眺めているような場合に使います。

I can see the moon tonight.
今夜は月が見える。

このように「見る」という意味での「see」は「見て認識する」「単に視界に入る」という2つのニュアンス持っています。
また、「see」は多義語としても有名で「見る」という意味以外にも「理解する」「想像する」など多くの意味で使われます。

watch:注意して見る/観察する

次に「watch」について解説します。
今回も初めに例文を見てみましょう。

Let's watch TV.
テレビを見ようよ。

I watched a soccer game at the stadium.
スタジアムでサッカーの試合を見た。

「watch」は意識的に対象を見るという意味では「look」に似ているようにも思われます。
その点で「意図せず視界に入る」「認識する」という「see」とは少し違うことが分かります。

では「watch」と「look」の違いは何でしょうか。

「watch」には「変化するものを注意して観察する」というコアイメージがあります。
このことから同じ意識して見るという意味の「look」とくらべても、話し手の意識が「視線の方向」に着目しているのか「変化の観察」に着目しているのかという大きな違いがあります。

ですから「テレビを見る」という事実について述べる場合にも状況によって違いが出る場合があります。

例えば衝撃的な臨時ニュースがテレビから流れてきたときに、隣で本を読んでいる友人に対して「大変だ!見てよ!」と言いたいときには「look」を使います。

一方、「昨日の夜はニュースを見てたよ」という場合には「watch」を使います。

もう1つ「watch」と「look」を使い分ける一般的な考え方として、「look」は「動いていない(あまり動かない)ものをじっと見る」という意識があり、「watch」には「動いているものを目で追う」という意識があります。

ですから例文のようにテレビ番組やサッカーの試合など動きのあるものを見るという場合は「watch」を使うのが適切です。

その他「見る」に関連した英単語

ここまで「look」「see」「watch」という英単語について解説しました。

「見る」という意味の英単語ではこれらが一般的ですが、よく考えてみると英語には他にも「見る」という単語が存在します。
ここでは「look」「see」「watch」以外の単語についても簡単に解説しますので、合わせて覚えておくとよいでしょう。

observe 観察する

「観察する・観測する」という意味の単語です。
「観察する」というと「watch」が連想されますが、「observe」は「watch」よりも狭義な単語で「テレビを見る」というような場合には使えません。

gaze  じっと見つめる

驚きなど何かしらの感情を込めて暫くの間見続けるという意味で使われます。

stare 凝視する

「stare」は大きく目を見開いて見るような状態のときに使われます。驚きや恐怖の感情を伴って見つめているような場合です。

peer じろじろ見る

「peer」も何かを見つめるときに使われます。「stare」のように驚いて固まっているというよりは「じろじろと見る」というようなイメージがあります。

glance チラ見する

「glance」は瞬間的に視線を送るような場合に使われます。腕時計をちらりと一瞬見て時間を確認するようなイメージです。

witness 目撃する

「witness」は「目撃する」という少し固い印象の表現で日常的にはあまり使われません。また、同じスペルで「目撃者」という名詞としても使われます。

check 確認する

「ちょっと見てみます」という意味で「Let me check.」というようなフレーズが使われることもあります。「見る」というよりは「確認する/照合する」といったニュアンスです。

まとめ

「見る」という英単語の違いと使い分けについて解説しました。

「look」「see」「watch」はいずれも「見る」という意味を持っていますが、それぞれ違うニュアンスを含んでいるため使い分けが必要です。

look 「何かに視線を向ける」というイメージ。意識して何かを見るときに使われ視線の動きに意識の重点がある。
see 「見て認識する」「単に視界に入る」という2つのイメージを持っている。
watch 「変化するものを注意して観察する」というイメージ。視線ではなく「変化の観察」に着目している点が「look」と異なる。

よくある疑問の1つに「映画を見る」という場合どれを使うのかという問題があります。
一見するとどの単語でも当てはまるように思われるかもしれませんが、これには一般的な解答があります。

映画館で見る場合には「see」テレビで見る場合は「watch」を使います。
基本的にテレビの中で動くものであれば映画であれ、スポーツ中継であれ、ニュースであれ、全てに「watch」を使いましょう。

視線を向けて見るから「look」でもいいじゃないか、というような意見ももっともではありますが、英語には言葉の組み合わせによって好まれる単語や使われない単語もあります。

ですから、無理に使い分けの定義にこだわり過ぎる必要はありません。
ときには「watch TV」「see a movie」というよなフレーズで体に覚え込ませてしまうのも有効です。

「look」「see」「watch」の違いと使い分けを知っておけば役に立つ機会は非常に多いでしょう。今後はぜひ意識して使ってみてください。
とはいえ、もしこれらの使い分けに迷うことがあったら、会話を止めてしまうくらいなら間違った単語を使ってでもどんどん話すすようにしましょう。

-英会話Tips, 英単語

目次に移動