英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英文法

英語命令文の種類と使い方|5分で復習英文法

2016/08/04

cc0160160803_TP_V

英語は基本的に「主語+動詞+目的語や補語」の構成になりますが、主語がなくていきなり動詞から始まる文があります。これが命令文です。

命令するときは普通、目の前にいる人に直接するので命令文には主語がないのです。

また、命令文の場合は動詞の原形を使います。

肯定の命令文「~しなさい」

主語を省略して、動詞の原形が文頭にきます。

You eat vegetables. (あなたは野菜を食べる。)
Eat vegetables. (野菜を食べなさい。)

Open the door. (ドアを開けなさい。)

be動詞の分を命令文にするときは原形の「be」を使います。

You are quiet. (あなたは静かです。)
Be quiet. (静かにしなさい。)

Be careful. (気を付けなさい。)

Be a good boy. (良い少年でいなさい。)

否定の命令文「~するな、~してはいけません」

命令文の前に「Don't」をつけて「Don't+動詞の原形~」の形になります。

Don't swim in this lake.
この湖で泳ぐな。

Don't touch me.
私に触れるな。

また、be動詞の文でも否定の命令文にするときは「Don't」を使います。

Don't be noisy.
うるさくするな。

依頼の命令文「~してください」

否定文の文頭に「Please」をつけるか、文末に「,please」をつけて使います。

Please give me chocolate.
チョコレートをください。

Be quiet,please.
静かにしてください。

また、依頼を表す文にはほかにCan you~?、Will you~?、Could you~?、Would you~?などがあり、Pleaseより丁寧な表現になります。

Give me chocolate.
チョコレートよこせ。

Please give me chocolate.
チョコレートをください。

Will/Can you give me chocolate?
チョコレートくれない?

Would/Could you give me chocolate?
チョコレートいただけませんか?

Would/Could you please give me chocolate?
どうかチョコレートをいただけませんか?

勧誘の命令文「~しましょう」

文頭に「Let's」をつけて「Let's+動詞の原形」の形になります。

Let's play baseball.
野球をしましょう。

「Let's」の返し方は「Let's」を使います。

Yes, let's.
はい、しましょう。

No, let's not.
いいえ、やめましょう。

また、勧誘を表す文にはほかに「Shall we~?」もあり、Let'sよりも丁寧な表現になります。

説得の命令文「是非~してください」

こちらが望んでいることを相手がしてくれない状況で、相手を説得したいときに使います。

否定文の文頭に「Do」をつけて、「Do+動詞の原形~」になり強調した表現になります。

Do tell me about her.
彼女のことについて是非教えてくださ。

Do give me same juice.
どうかジュースをください。

強調する命令文にはほかにも色々な表現があります。

主語をつけて相手を名指しして感情的な表現になる。
You,don't touch me!
お前は触れるな!

「Never」をつけて「決して~するな」という強い表現になる。
Never run in this room.
決してこの部屋の中で走るな!

まとめ

命令文はあくまで命令文ですので、目上の人やフォーマルなシーンなどでは使わない方がいいです。
手に対して失礼にならないように命令するときは、命令文にこだわらず「Could you~?、Would you~?」を使うと良いと思います。

-英文法

目次に移動