英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英会話Tips

英語で「久しぶり」は何て言う?|英会話Tips

cc0160160847_TP_V

「久しぶり」というフレーズは中学校で「Long time no see!」と習いますが、実はこれは中国語の「好久不見」を直訳したピジン英語です。

明らかに英語の構造を持っていないので、シチュエーションにあわせて使わないと「久しぶり」のニュアンスが通じないことがあります。

今回はネイティブスピーカーが「久しぶり」というときによく使う表現を紹介します。

「久しぶり」を含む言い回し方

「Long time no see!」はseeをtalkやspeakに変えることで、「久しぶりに話すね!」などと応用することができ、カジュアルなシーンではよく使われます。

その他にも「久しぶり」と表現する言い回しは沢山あります

It’s good(great) to see you again.
(久しぶり)また会えて良かったよ。

Nice to see you again.
(久しぶり)また会えて良かったよ。

How have you been?
(久しぶり)元気でしたか?

for the first time in ~
「~ぶり」

the last time ~
「最後に~(したのは)」

It’s been a long time.
お久しぶりです。

It’s been a while.
お久しぶりです。

It’s been ages.
お久しぶりです。

再会できた喜びを表現する「久しぶり」

久しぶりに会えたことに喜びを感じているときには、niceやgood、greatを使います。

It’s good(great) to see you again.
(久しぶり)また会えて良かったよ。

「great」を使うことで、喜びを強調することが出来ます。

また主語と動詞を省略して、

Good(Great) to see you again.

と表現することも出来ます。

Nice to see you again.
(久しぶり)また会えて良かったよ。

また会えてうれしいというフレーズですが、その中に久しぶりというニュアンスが含まれています。

期間を表現する「久しぶり」

期間を表すことによって様々なシチュエーションに合わせて表現することが出来ます。

It’s been a long time.(お久しぶりです。)

「It has been a long time since we met last(we last met).」の省略形で、「最後に私たちが会って以来、長い月日が経っていますね。」という意味です。

It's been a long time since I last visited you.
(お久しぶりです)ずいぶん長い間あなたをを訪ねてなかったです。

It’s been a while.(お久しぶりです。)

こちらも「It’s been a while since we met last(we last met).」の「since~」の部分が省略された形です。

「while」は「間(期間)」を表現するもので、「while since~」で「~から今までの間」という意味になります。

また、「quite」を使うことで、「かなりの間」と強調することができます。

It’s been quite a while since I had a holiday.
休みを取ってから、かなり時間が経ってしまいました。

It’s been ages.(お久しぶりです。)

こちらも「It’s been ages since we met last(we last met).」の「since~」の部分が省略された形です。

「age」は、「年齢」や「時代」とかを表現するものですので、その「age」を複数形で使うことで、「~からずいぶん経ちます」というニュアンスになります。

It’s been ages since I ate this.
これを食べるのは久しぶりです。

その他の表現

for the first time in ~

inの後ろには実際にしていない期間が続き、「(していない期間中)初めてです。」という意味となります。

I ate out for the first time in a month.
1ヶ月ぶりに外食しました。

the last time ~

「最後」をという意味のフレーズですが、この後に「したこと」と「期間」を続けることで「最後に~したのは~前」となります。

The last time I played basketball was almost ten years ago.
私が最後にバスケットボールをしたのは10年ほど前です。

まとめ

日本語では「久しぶり」という言葉一つで様々なシチュエーションに使えますが、英語だとシチュエーションに応じて表現や使う単語まで違ってきます。

「Long time no see!」は人に対して「久しぶり」という表現で、ネイティブスピーカーも頻繁に使っていますがカジュアルな表現ですので、フォーマルなシーンでは「It’s been a long time.」「It’s been a while.」「It’s been ages.」などを使うと良いです。

人に対して「久しぶり」と言う場合のフレーズと、何かをするのが「久しぶり」だと言う場合のフレーズを分別してしっかりと覚えましょう。

-英会話Tips

目次に移動