英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英語フレーズ集

「よろしくお伝えください」は英語で何ていう?ビジネスで使える英語表現

ビジネスシーンでは「~さんに宜しくお伝えください」というようなフレーズを使うことがよくあります。
その場にいない人に対しての気遣いを表す表現ですね。

この表現はメールなどでも比較的よく見られる表現ですが、英語でビジネスメールを送る際はこのフレーズをどのように表現するのでしょうか。

今回は「よろしくお伝えください」をはじめとしたメールで使えるフレーズをいくつか紹介したいと思います。
ここで紹介するフレーズは普段の会話でも使うことができるので目を通してみてください。

Please say hello to ~ (for me)

「say hello to ~」は「宜しくお伝えください」という表現では最も一般的な表現です。
使われている単語も難しいものはないので、英語初心者の方でも使いやすい表現です。

直訳すると「(私のために)こんにちはと伝えてください」という感じでしょうか。

Please say hello to your president.
社長によろしくお伝えください。

Please say hello to everyone.
皆様によろしくお伝えください。

Please tell ~ I said hello.

「tell ~ I said hello」は、先ほどの「say hello to ~」よりも少し砕けた印象があります。

また、文章中の「hello」を「hi」に置き換えることも可能で、この場合さらにカジュアルに聞こえます。
ですので、ビジネスシーンではあまり使われることがないかもしれませんが、普段の日常で使うなら問題ないでしょう。

直訳すると「私があいさつしていたことを~さんにお伝えください」という感じです。

Please tell Ken I said hi.
ケンによろしくね。

Please give(send) my best regards to ~

「please give my best regards to ~」という表現は「よろしくお伝えください」という表現の中では最も丁寧に聞こえるな表現と言えるでしょう。
フォーマルな時にはこれを使っておくと失礼にあたることはなく安心です。

「regard」は「~とみなす」というような動詞としての用法もありますが、ここでは「敬意・心遣い」という名詞として使用されています。

「give」の部分を「send」に置き換えても同じ意味になりますのでどちらを使うかは好みで構いません。

直訳すると「~に私の最高の敬意をお送りください。」という感じになります。先ほど紹介したフレーズよりもぐっと丁寧さが増していますね。

Please give(send) my best regards to everyone.
どうか皆様によろしくお伝えください。

また、「~が宜しくと言っていました」というように自分が誰かからの伝言を預かっているような場合には、「send」を使用して次のように言うことができます。

My parents send you their best regards.
私の両親がよろしくと言っていました。

結びの挨拶で使えるその他の表現

「宜しくお伝えください」という内容のフレーズを紹介しました。
ここからは他にも、別れ際の挨拶やビジネスメールの結びの言葉として役立つフォーマルな表現をいくつかご紹介します。

Please tell them my gratitude.
感謝の意をお伝えください。

「gratitude」は「感謝」という意味です。
「感謝の念をお伝えください」という意味になります。お世話になった方にはこんな表現も使ってみるのもいいかもしれません。

I hope you will have a nice weekend.
良い週末をお過ごしください。

「良い週末を」という挨拶は英語ではよく使われます。
「hope」は「願う」という意味ですから、「良い週末をなることを願っています。」というのが直訳になります。

Thank you very much for your support.
ご支援いただき誠にありがとうございました。

「ご支援いただき誠にありがとうございました」という意味から日本語でもよく使われる「大変お世話になりました」に相当するような表現です。

「Thank you very much for ~」で「for」に続く内容に対して感謝の気持ちを伝えることができます。
「very much」は「本当に」「誠に」という意味を含めてくれるので、ビジネスシーンでは「very much」を付け加えたほうがよいでしょう。

We are looking forward to working with you.
一緒にお仕事ができるのを楽しみにしています。

「look forward to ~ing」で「~するのを楽しみにする」という表現です。これもビジネスメールの結びの言葉としてはよく見かける表現です。

主語は「I」でも問題ありませんが、「we」にすることで、「私」個人ではなく、「会社」として楽しみにしているということを表すことができます。

まとめ

「よろしくお伝えください」という表現とビジネスシーンで活躍するフレーズを紹介しましたが、使えそうな表現は見つかりましたか?

Please say hello to ~ (for me)」は一般的によく使われる表現でフォーマルな場面でも使用できます。

Please tell ~ I said hello」は少しだけ砕けたにも聞こえますが同じくよく使われる表現です。
「hello」という挨拶の部分を「hi」に置き換えるととてもカジュアルな印象になります。

「よろしくお伝えください」という表現の中でも最も丁寧な表現として「Please give(send) my best regards to ~」があります。

「~ send you their best regards.」とすることで「~がよろしくと言っていました。」という表現も可能です。

今回紹介した表現はビジネスだけでなく、日常生活でも使うことができます。
機会を見つけてどんどん使ってみてください。

-英語フレーズ集

目次に移動