英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英語フレーズ集

英語で「気がつくと~」は何て言う?「いつの間にか」等に関する英語表現

みなさん、目が覚めたときに置かれている自分の状況に驚いた経験はありませんか。

気がつくと床で寝ていた、というようなことはお酒の失敗談としてはたまに耳にするシュチュエーションですね。

英語ではこの「気がついたら~していた」という内容をどのように表現するのでしょう。
今回は「気がつくと~」という英語表現をご紹介する共に、関連する「知らないうちに」「気づかずに」というような表現についても解説していきたいと思います。

「find oneself」"気がつくと"の表現

英語で「気がつくと~していた」「気がつくと~な状況だった」という表現をする際に最も適切なフレーズは「find oneself」を使った表現です。

例えば冒頭のような状況を表すと次のようになります。

I found myself lying on the floor.
気がつくと床で寝ていた。

さらに「目覚めたときには」「目を開くと」というように、特に寝て起きたときの状況について述べたい場合は「awake」「open my eyes」を合わせて使うと良いでしょう。

I awoke to find myself lying on the floor.
目が覚めたら床で寝ていた。

I opened my eyes to find myself lying on the floor.
目を開けてみると私は床で寝ていた。

文法的な解説を加えると「to find myself」の部分は結果を表す不定詞の用法ということになります。

この「find oneself」の表現はとても便利で様々な状況を表現できます。

先程の「find oneself doing」のように後に「-ing(動名詞)」を置くことで「気がつくと~していた」と表現できるほか、場所を示す前置詞句「in ~」などを置いて「気がつくと~にいた」という表現や、形容詞を置いて「気がつくと~な状態だった」という表現もできます。

I awoke to find myself in a hospital.
気がつくと病院だった。

I found myself famous.
自分が有名になっていることに気づいた。

もちろん「oneself」の部分を変更することで自分のこと以外についても言及できます。

He found himself in a strange room.
気づくと、彼は知らない部屋にいた。

「before I know it」"知らぬ間に"の表現

「find oneself」とは別に同じような内容を表現できる言葉があります。
「before I know it」です。

「before I know it」は「知らないうちに~」「いつの間にか~」という意味の表現で、言い回しは異なっていますが結局同じような内容を表している表現と言えます。

「before」は「~より前に」という意味で「I know it」は「私がそれを知る」という意味ですから、「それを知るよりも前に~だった」つまり「知らない間に」「いつの間にか」という表現になるのです。

I fell asleep on the floor before I knew it.
いつの間にか床で寝てしまっていた。

また、「before I know it」は「知らない間に」という意味から派生して「あっという間に」という意味でも使われます。

Before I knew it, half a year had already passed.
あっという間に半年が過ぎた。

「without realizing it」"気づかずに"の表現

さらに似たような意味を持つフレーズ「without realizing it」があります。

「without realizing it」も「気づかずに~だった」という意味から「いつの間にか~」という内容を表すことができます。

先程の例文は「without realizing it」で言い換えてもほぼ同じ意味になります。

I fell asleep on the floor without realizing it.
いつの間にか床で寝てしまっていた。

また、ここで登場した「realize」を使うと少し別の言い回しもできます。
「I didn't realize that ~」とすることで「~だとは気づいていなかった」という意味から「知らずのうちに」という表現になります。

I didn't realize that the typhoon had passed.
いつの間にか台風は過ぎていた。(台風が過ぎたことには気づかなかった)

さらに「I didn't realize that ~」を使った文章では「I was not aware that」を使っても同じような内容を表現することができます。

I was not aware that the typhoon had passed.
いつの間にか台風は過ぎていた。

まとめ

今回は「気がついたら~」「知らない間に~」という意味の表現を解説しました。

  • find oneself - 気づくと~だった
  • before I know it - 知らない間に~
  • without realizing it - 気づかずに~

これらの表現は使われている単語の違いから、直訳した際の意味は多少異なってきますが、いずれも「気がつくと~だった」「いつの間にか~」という表現になります。

実際の会話では個々の単語にはそれ程こだわる必要はありませんのでフレーズとして一塊で覚えてしまうのが良いでしょう。
こういったフレーズをしっかりとものにするには音読が効果的です。

時間に余裕があれば今回ご紹介した例文を音読してみてください。

-英語フレーズ集

目次に移動