英語の杜

英語学習のツボを突く世界一役立つ英会話情報サイト

英文法

英語be動詞の使い方をマスター|5分で復習英文法

2016/08/06

150415332018_TP_V-e1470106685749

動詞には「一般動詞」と、「be動詞」の2種類ありますが、今回は数が少なくて簡単な「be動詞」の復習をしましょう。

be動詞とは

まず、「be」はAとBを「=」で結びつけるような働きを持っていて、「ある、いる」という動きで存在や所在を表します

I am a student.
私は学生です。  私=学生

He is a teacher of English.
彼は英語の先生です。  彼=英語の先生

よく誤って理解されがちですが、be動詞の意味は「私は学生です。」の「です。」ではありません。

また、動詞には「一般動詞」と、「be動詞」の2種類ありますが、なぜ他の動詞とはまるで違うもののように「be動詞」を分別するのでしょう?

それは、動詞は通常「原形=現在形」ですが、be動詞は「原形≠現在形」だからです。

原形beは現在形になると特別に変化します

  • I be    ⇒  I am
  • You be  ⇒    You are
  • He be    ⇒    He is

原形の「be」は助動詞がつくときに使います。

be動詞の種類

be動詞は全部で8種類しかありません。

現在形 be(原形) is am are
過去形 - was was were
過去分詞 - been been been
進行形 - being being being

I am a student.
私は学生です。

I was a student.
私は学生でした。

I will be a student.
私は学生になるだろう。

使い方はとても簡単

肯定文「主語+be動詞~」

  • 現在形は「主語+(am,is,are)~」で「~です」となります。
    Iが主語のときは「am」、Youや複数のときは「are」、それ以外の主語のときは「is」を使います。
  • 過去形は「主語+(was,were)~」で「~でした」となります。
    主語がYouや複数のときは「were」、それ以外のときは「was」を使います。
  • 未来形は「主語+will+be~」で「~しているだろう」となります。
    一般動詞を使う場合は「be」はいりません。例:I will pray baseball.

否定文の作り方も簡単で、be動詞の後ろに「not」をつけるだけです。

I am not a student.
私は生徒ではありません。

This is not my car.
これは私の車ではありません。

You are not our teacher.
あなたは私達の先生ではありません。

疑問文の作り方も簡単で、主語とbe動詞を入れ替えて「.」を「?」にするだけです。

You are a teacher of English.
あなたは英語の先生です。

Are you a teacher of English?
あなたは英語の先生ですか?

また、be動詞を使った疑問文はbe動詞で返します。
答える際には、「人称」によって使用する「be動詞」が変化します。

Yes, I am.
はい、そうです。

No, I am not.
いいえ、ちがいます。

まとめ

be動詞の意味は「です」ではなくて「=、ある、いる」です。

be動詞は重要な働きをする単語ですが、たったの8種類しかないので完璧に覚えておきましょう。

-英文法

目次に移動